探しているものがあります

ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)
0

    ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)


    ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)


    ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニルジェネリック)は全身性エリテマトーデスや関節リウマチをはじめ、円板状エリテマトーデスや小児リウマチ、その他の膠原病の症状を改善するための治療薬として使用されています。最初は抗マラリア薬として、マラリアの治療や予防のために使用されていましたが、研究が進む中で上記のような病気に対しても治療薬として効果があることが確認されました。全身性エリテマトーデスというのは、自分の免疫細胞が自分の体を攻撃してしまうという病気(自己免疫疾患)で、その詳しい原因は未だにわかっていません。その症状としては、関節や腎臓、粘膜や血管壁に慢性の炎症性結合組織を引き起こします。

    関節リウマチも自分の免疫細胞が主に手足の関節を攻撃することで炎症を生じる自己免疫疾患です。関節痛や関節の変形が生じ、強張りといった感覚を覚えるようになります。ひどくなると物が握れなくなるなど、日常生活に支障をきたします。現時点ではどのような作用機序でこれらの自己免疫疾患に効果があるのかは明らかではありませんが、免疫系の活性化をもたらす免疫細胞の連絡を阻害していると考えられています。

    ヒドロキシクロロキン200mg(プラキニル・ジェネリック)

    | | 関節痛・リウマチ・腰痛など | 14:00 | comments(0) | - |
    ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg
    0

      ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg


      ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg


      ハイフェナクは一般名アセクロフェナクです。国内では未承認の非ステロイド抗炎症薬になります。非ステロイド抗炎症薬は痛み止めや炎症止め、解熱剤などとして用いられる事の多い薬剤のグループです。よく知られている非ステロイド抗炎症薬にはロキソニン(ロキソプロフェン)やアスピリン(アセチルサリチル酸)などがあります。アセクロフェナクはスペインで開発された、新しい非ステロイド抗炎症薬です。ヨーロッパを中心に数か国で使用されており、特に慢性関節リウマチや変形性関節炎などの炎症や痛みの軽減に有効性を持つと考えられています。ハイフェナクはインドの製薬メーカーであるインタスファーマ社が製造しています。

      ハイフェナク(アセクロフェナク)100mg

      | | 関節痛・リウマチ・腰痛など | 13:42 | comments(0) | - |
      ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg
      0

        ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


        ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


        ニューコキシア60mgは、変形性関節症やリウマチ性関節炎、強直性脊椎関節炎、痛風発作、急性疼痛などの痛みの緩和に用いられる薬剤です。

        関節炎などの痛みを引き起こす原因のひとつは、人間の組織や器官に存在するプロスタグランジンという物質で、血管の収縮・拡張や胃液分泌の調節などといった生理活用作用に関わるほか、痛みや発熱、炎症の発生にも大きく影響を及ぼします。プロスタグランジンは、組織に損傷が起きることで生成されるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の作用によって作られるものです。 このCOX‐2によって作られるプロスタグランジンの発生と時を同じくして、痛みを引き起こすブラジキニンという物質が血管内で産出されます。プロスタグランジンは、ブラジキニンの発痛作用をさらに増強させる働きを持っており、痛みや熱、はれといった症状として現れることになります。 この炎症が関節に起こった場合が、関節炎といわれる症状です。すべての関節で起きる可能性があるものの、下半身や肩、手首などに現れることが多く、症状によっては周辺の腱やじん帯にまで影響を及ぼす可能性があります。正常に修復されなければ、関節の変形なども免れません。

        自己免疫を原因とする関節リウマチでは、骨や軟骨・腱の破壊や関節変形が見られますし、強直性脊椎炎においては、体幹に近い関節のほか、手足の関節に痛みやこわばりが現われます。こうした部位が次第に動かなくなったり、脊椎や骨の関節部の硬化によって骨と骨がくっついてしまう可能性もあります。ニューコキシア60mgは、こうした痛みの症状を緩和する働きを持つ薬剤です。有効成分であるエトリコキシブは、プロスタグランジンの産出に関わるCOX-2酵素だけを抑制し、胃粘膜を保護するCOX-1の働きを抑制しないため、胃腸障害といった副作用が少ないのが特徴です。

        ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg




        ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


        ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


        ニューコキシア120mgは、変形性関節症やリウマチ性関節炎、強直性脊椎関節炎、痛風発作、急性疼痛などの痛みの緩和に用いられる薬剤です。

        関節炎などの痛みを引き起こす原因のひとつは、人間の組織や器官に存在するプロスタグランジンという物質で、血管の収縮・拡張や胃液分泌の調節などといった生理活用作用に関わるほか、痛みや発熱、炎症の発生にも大きく影響を及ぼします。プロスタグランジンは、組織に損傷が起きることで生成されるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の作用によって作られるものです。 このCOX‐2によって作られるプロスタグランジンの発生と時を同じくして、痛みを引き起こすブラジキニンという物質が血管内で産出されます。プロスタグランジンは、ブラジキニンの発痛作用をさらに増強させる働きを持っており、痛みや熱、はれといった症状として現れることになります。 この炎症が関節に起こった場合が、関節炎といわれる症状です。すべての関節で起きる可能性があるものの、下半身や肩、手首などに現れることが多く、症状によっては周辺の腱やじん帯にまで影響を及ぼす可能性があります。正常に修復されなければ、関節の変形なども免れません。

        自己免疫を原因とする関節リウマチでは、骨や軟骨・腱の破壊や関節変形が見られますし、強直性脊椎炎においては、体幹に近い関節のほか、手足の関節に痛みやこわばりが現われます。こうした部位が次第に動かなくなったり、脊椎や骨の関節部の硬化によって骨と骨がくっついてしまう可能性もあります。ニューコキシア60mgは、こうした痛みの症状を緩和する働きを持つ薬剤です。有効成分であるエトリコキシブは、プロスタグランジンの産出に関わるCOX-2酵素だけを抑制し、胃粘膜を保護するCOX-1の働きを抑制しないため、胃腸障害といった副作用が少ないのが特徴です。

        ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg

        | | 関節痛・リウマチ・腰痛など | 13:27 | comments(0) | - |
        ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg
        0

          ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


          ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg


          ニューコキシア120mgは、変形性関節症やリウマチ性関節炎、強直性脊椎関節炎、痛風発作、急性疼痛などの痛みの緩和に用いられる薬剤です。

          関節炎などの痛みを引き起こす原因のひとつは、人間の組織や器官に存在するプロスタグランジンという物質で、血管の収縮・拡張や胃液分泌の調節などといった生理活用作用に関わるほか、痛みや発熱、炎症の発生にも大きく影響を及ぼします。プロスタグランジンは、組織に損傷が起きることで生成されるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の作用によって作られるものです。 このCOX‐2によって作られるプロスタグランジンの発生と時を同じくして、痛みを引き起こすブラジキニンという物質が血管内で産出されます。プロスタグランジンは、ブラジキニンの発痛作用をさらに増強させる働きを持っており、痛みや熱、はれといった症状として現れることになります。 この炎症が関節に起こった場合が、関節炎といわれる症状です。すべての関節で起きる可能性があるものの、下半身や肩、手首などに現れることが多く、症状によっては周辺の腱やじん帯にまで影響を及ぼす可能性があります。正常に修復されなければ、関節の変形なども免れません。

          自己免疫を原因とする関節リウマチでは、骨や軟骨・腱の破壊や関節変形が見られますし、強直性脊椎炎においては、体幹に近い関節のほか、手足の関節に痛みやこわばりが現われます。こうした部位が次第に動かなくなったり、脊椎や骨の関節部の硬化によって骨と骨がくっついてしまう可能性もあります。ニューコキシア60mgは、こうした痛みの症状を緩和する働きを持つ薬剤です。有効成分であるエトリコキシブは、プロスタグランジンの産出に関わるCOX-2酵素だけを抑制し、胃粘膜を保護するCOX-1の働きを抑制しないため、胃腸障害といった副作用が少ないのが特徴です。

          ニューコキシア(エトリコキシブ)120mg




          ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


          ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg


          ニューコキシア60mgは、変形性関節症やリウマチ性関節炎、強直性脊椎関節炎、痛風発作、急性疼痛などの痛みの緩和に用いられる薬剤です。

          関節炎などの痛みを引き起こす原因のひとつは、人間の組織や器官に存在するプロスタグランジンという物質で、血管の収縮・拡張や胃液分泌の調節などといった生理活用作用に関わるほか、痛みや発熱、炎症の発生にも大きく影響を及ぼします。プロスタグランジンは、組織に損傷が起きることで生成されるシクロオキシゲナーゼ-2(COX-2)という酵素の作用によって作られるものです。 このCOX‐2によって作られるプロスタグランジンの発生と時を同じくして、痛みを引き起こすブラジキニンという物質が血管内で産出されます。プロスタグランジンは、ブラジキニンの発痛作用をさらに増強させる働きを持っており、痛みや熱、はれといった症状として現れることになります。 この炎症が関節に起こった場合が、関節炎といわれる症状です。すべての関節で起きる可能性があるものの、下半身や肩、手首などに現れることが多く、症状によっては周辺の腱やじん帯にまで影響を及ぼす可能性があります。正常に修復されなければ、関節の変形なども免れません。

          自己免疫を原因とする関節リウマチでは、骨や軟骨・腱の破壊や関節変形が見られますし、強直性脊椎炎においては、体幹に近い関節のほか、手足の関節に痛みやこわばりが現われます。こうした部位が次第に動かなくなったり、脊椎や骨の関節部の硬化によって骨と骨がくっついてしまう可能性もあります。ニューコキシア60mgは、こうした痛みの症状を緩和する働きを持つ薬剤です。有効成分であるエトリコキシブは、プロスタグランジンの産出に関わるCOX-2酵素だけを抑制し、胃粘膜を保護するCOX-1の働きを抑制しないため、胃腸障害といった副作用が少ないのが特徴です。

          ニューコキシア(エトリコキシブ)60mg

          | | 関節痛・リウマチ・腰痛など | 13:24 | comments(0) | - |
          ナプロシン500mg
          0

            ナプロシン500mg


            ナプロシン500mg


            ナプロシンは、非ステロイド系の鎮痛薬、抗炎症薬です。腰痛や関節痛、頸肩腕痛、リウマチの鎮痛、痛風の治療薬として使用されています。ナプロシンなどの非ステロイド抗炎症薬は、副作用が少なく効き目が他の鎮痛剤に比べて早いと言われています。

            ナプロシン500mg




            ナプロシン250mg


            ナプロシン250mg


            怪我などによって傷を負った場合や細菌感染による組織修復に炎症が関わっています。これら炎症は体内での免疫による正常な反応です。

            しかし、この炎症が過剰になると自分自身の組織まで破壊してしまいます。組織破壊が起こると、当然のことですが痛みが起こります。そのため、これら炎症反応を抑える物質は痛み止めの薬になることが分かります。

            炎症の5大徴候と呼ばれるものとして、

            ・発赤: 炎症が起きている部位の血管が広がり、血流が増える
            ・発熱
            ・腫脹: 炎症が起こっているところに体液などが流れ込み、腫れること
            ・痛み: 炎症が起こっているところで、痛みの原因物質であるプロスタグランジンがつくられる
            ・機能障害: 体を動かすと痛いなど、上記4つの症状により起こるがあります。

            ほとんど炎症が原因で上記のような症状が現れることがわかります。つまり、炎症を抑えることができれば、発赤や発熱、痛みを抑えることができると考えられます。

            そこで用いられるのが、非炎症性ステロイド(NSAIDs)です。

            ナプロシンはNSAIDsに分類される消炎鎮痛剤であり、様々な痛みや炎症性疾患に用いられますナプロシンを始めとするNSAIDsを使用する際は、これらは根本を治す治療ではなくあくまでも対症療法に過ぎないことを忘れないで下さい。

            対症療法とは、症状だけを抑えている治療法の事です。あくまでも表面的な症状を感じにくくさせているだけの治療法で根本を治している治療ではない事を認識しておきましょう。

            ナプロシン250mg

            | | 関節痛・リウマチ・腰痛など | 13:18 | comments(0) | - |
            ナプロシン250mg
            0

              ナプロシン250mg


              ナプロシン250mg


              怪我などによって傷を負った場合や細菌感染による組織修復に炎症が関わっています。これら炎症は体内での免疫による正常な反応です。

              しかし、この炎症が過剰になると自分自身の組織まで破壊してしまいます。組織破壊が起こると、当然のことですが痛みが起こります。そのため、これら炎症反応を抑える物質は痛み止めの薬になることが分かります。

              炎症の5大徴候と呼ばれるものとして、

              ・発赤: 炎症が起きている部位の血管が広がり、血流が増える
              ・発熱
              ・腫脹: 炎症が起こっているところに体液などが流れ込み、腫れること
              ・痛み: 炎症が起こっているところで、痛みの原因物質であるプロスタグランジンがつくられる
              ・機能障害: 体を動かすと痛いなど、上記4つの症状により起こるがあります。

              ほとんど炎症が原因で上記のような症状が現れることがわかります。つまり、炎症を抑えることができれば、発赤や発熱、痛みを抑えることができると考えられます。

              そこで用いられるのが、非炎症性ステロイド(NSAIDs)です。

              ナプロシンはNSAIDsに分類される消炎鎮痛剤であり、様々な痛みや炎症性疾患に用いられますナプロシンを始めとするNSAIDsを使用する際は、これらは根本を治す治療ではなくあくまでも対症療法に過ぎないことを忘れないで下さい。

              対症療法とは、症状だけを抑えている治療法の事です。あくまでも表面的な症状を感じにくくさせているだけの治療法で根本を治している治療ではない事を認識しておきましょう。

              ナプロシン250mg




              ナプロシン500mg


              ナプロシン500mg


              ナプロシンは、非ステロイド系の鎮痛薬、抗炎症薬です。腰痛や関節痛、頸肩腕痛、リウマチの鎮痛、痛風の治療薬として使用されています。ナプロシンなどの非ステロイド抗炎症薬は、副作用が少なく効き目が他の鎮痛剤に比べて早いと言われています。

              ナプロシン500mg

              | | 関節痛・リウマチ・腰痛など | 13:08 | comments(0) | - |
              コビックス200mg
              0

                コビックス200mg


                コビックス200mg


                コビックスは、1988年にアメリカFDA(日本の厚生労働省)から承認を受け、アメリカで大変人気がある鎮痛剤です。現在では、世界100カ国以上で発売されています。成分のセレコキシブは、COX-2選択性の非ステロイド性消炎・鎮静剤です。関節・筋肉の炎症や関節リウマチなどに効果があるといわれています。コビックス100mgのお取り扱いもございます。

                コビックス200mg

                | | 関節痛・リウマチ・腰痛など | 18:27 | comments(0) | - |
                アレノ(アスピリン+ジピリダモール)
                0

                  アレノ(アスピリン+ジピリダモール)


                  アレノ(アスピリン+ジピリダモール)


                  イギリスにおいては、医師らが参照する英国脳卒中ガイドラインにおいて、脳梗塞後の標準的な二次予防療法として、アスピリン+ジピリダモールが推奨されています。したがって、アレノ(アグレノックスのジェネリック)は非常に信頼性の高いお薬ということができます。

                  脳梗塞とは、脳にある血管が何らかの原因によって閉塞(詰まる)ことによって、脳細胞への血流が滞り、脳細胞の壊死を引き起こすというものです。脳細胞は非常に多くのエネルギーを必要としているため、血流が滞ると比較的短い時間で壊死してしまいます。

                  その時間は4時間半と言われており、その時間内に治療をすれば、回復後の後遺症はほぼないと言われています。後遺症の代表的なものとしては、失語症や麻痺というものです。このような事態をまねかないためにも予防は非常に重要です。

                  アレノの有効成分であるアスピリンとジピリダモールには、血小板の働きを抑制し、血液が固まる作用を防ぐ(弱める)作用があります。また、ジピリダモールには血管を拡張し、血流を改善する働きもあります。この2つの作用により、より効果的に脳梗塞の原因となる血栓を予防し、脳梗塞の発症を防ぐことが可能となります。

                  アレノ(アスピリン+ジピリダモール)

                  | | 関節痛・リウマチ・腰痛など | 17:43 | comments(0) | - |
                  アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg
                  0

                    アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg


                    アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg


                    世界中で使用されている非ステロイド性のロングセラー解熱鎮痛消炎薬『アスピリン』のジェネリックです。

                    外から刺激などを受けたりすると、体内で炎症がおこります。この炎症は腫れや発熱、痛みとなって現れます。本来、炎症は防御反応なのですが、その炎症の悪影響があまりにも大きい場合には、薬品での治療が必要となります。

                    体は刺激などの障害を受けると、そこで化学伝達物質が産生されることにより炎症が起こります。この際産生される化学伝達物質にはいくつかの種類がありますが、主に痛みや炎症を引き起こしている物質は「プロスタグランジン」と呼ばれる物質です。

                    プロスタグランジンは体内で、アラキドン酸を原料として作られます。このとき原料となるアラキドン酸に働きかけ、プロスタグランジンができあがる過程をすすめていくのが、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」という酵素です。このCOXの働きを止めることができれば、プロスタグランジンができあがってこないので、痛みや炎症を止めることができます。アスピリンはこのCOXの働きを阻害する非ステロイド性解熱鎮痛消炎薬のひとつです。

                    アスピリンジェネリック(エスコスピリン)75mg

                    | | 関節痛・リウマチ・腰痛など | 17:28 | comments(0) | - |
                    アスピリンジェネリック
                    0

                      アスピリンジェネリック

                      アスピリンジェネリック


                      アスピリンは100年以上も前に開発され、世界中で使用されている非ステロイド性の解熱鎮痛消炎薬です。

                      私たちの体は、外から刺激などを受けたりすると、それが原因となり炎症がおこります。この炎症は腫れや発熱、痛みとなって体に悪影響を及ぼします。本来は、この炎症も体の防御反応のあらわれであるので、必要なものなのですが、あまりに体に対しての悪影響が大きい場合には、お薬での治療が必要となってきます。

                      体は刺激などの障害を受けると、そこで化学伝達物質が産生されることにより炎症が起こります。この際産生される化学伝達物質にはいくつか種類はありますが、主に痛みや炎症を引き起こしている物質は「プロスタグランジン」と呼ばれる物質です。逆に言えば、体に刺激が与えられても、プラスタグランジンができないようにすれば、痛みや炎症を抑えることができるのです。

                      プロスタグランジンは体内で、アラキドン酸を原料として作られます。このとき原料となるアラキドン酸に働きかけ、プロスタグランジンができあがる過程をすすめていくのが、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」という酵素です。このCOXの働きを止めることができれば、プロスタグランジンができあがってこないので、痛みや炎症を止めることができます。

                      アスピリンはこのCOXの働きを阻害する非ステロイド性解熱鎮痛消炎薬のひとつです。ちなみに、アラキドン酸を原料として作り上げられる化学伝達物質は、他にもいくつか存在しています。そのうちのひとつが、トロンボキサンと呼ばれる物質です。このトロンボキサンには、血液を固まらせる作用があります。プロスタグランジンもトロンボキサンも、アラキドン酸を原料とし、COXの働きを受けてできあがるということにはかわりないのですが、アスピリンが少量、体に入るとトロンボキサンができあがる工程を抑え、大量に入るとプロスタグランジンができあがる工程を抑えるのです。この作用を利用し、現在では低用量のアスピリン製剤は、血液をさらさらにするお薬として、高用量のアスピリンは、解熱鎮痛消炎薬として使用されています。

                      この製品アスピリンジェネリックは、含まれるアスピリンの量が1錠中150mgと高用量であるので、解熱鎮痛消炎効果をもつお薬としての効果がみられます。

                      アスピリンジェネリック

                      | | 関節痛・リウマチ・腰痛など | 17:19 | comments(0) | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>
                      + PR
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + PROFILE